目の前のことには関心をもつ営業マン

昨日の記事で大仙市(だいせんし)の家庭では、これくらいエネルギーを消費しているとお伝えしました。

“秋田・大仙市・・”の記事タイトルを見て、「関係ねえや」、「興味なし」と思われた方が多かったと思います。

秋田出身の方なら、「んっ?」くらいの反応をされたかもしれません。

大仙市の方なら、思わずクリックされている可能性は大です。

基本的に人は”興味・関心のないモノ”には出会いません。

“見えて”いても、”観て”いないのです。

もし、自分の出身地や住んでいる街のことなら、反応する確率は高くなります。

さて、ここで少し切り口を変えて、大仙市を紹介してます。

あと半年経つと、”大仙市”を認識する人が一気に増えてきます。

8月の花火大会のころのことです。

このピントでピンときた方はスゴイですね。

大曲の花火大会とくればわかるでしょうか。

そう「全国花火競技大会」
大仙市の大曲地区で開催されています。

この大会は、今年(2012年)で86回目の開催となります。

なんと、明治43年に1回目がスタートしているんですね。

こんなに歴史のある花火競技大会だとは、思いませんでした。

歴史だけでなく、見物客も半端じゃありません。

80万人からの人が”観に”くるのです。

”花火大会”ではなく、”花火競技大会”です。

花火を創った人たち自ら打ちあげて、
腕を競い合うのです。

「内閣総理大臣賞」をはじめ、権威ある賞が授与されます。

(今なら、「大阪市長賞」の方が価値はあるかも・・)

花火職人たちが日本一をかけて戦うのですから、
レベルが高いのは当然です。

80万人が押し寄せることを見ても、
その魅力が十分にわかります。

ここまで理解すれば、
大仙市に興味がでてきたのではないでしょうか?

「一度観てみたいな」

「商談のネタに使えるな」

「他の花火大会とどう違うんだろう?」

「販促メニューに使えないかな」

商品やサービスも同じです。

知らないものには興味がもてませんが、
知るほどに、好きになりやすいものです。

お客さまに対して、
どれだけ商品やサービスのことを伝えらているか、
一度振り返ってみてください。

「この商品は”大仙市”です」としか伝えられていないのではないですか。

せっかくの商品特長を伝えていないのであれば、
もったいない話です。

今、大仙市は雪の中です。

8月の競技大会へ向けてのすでに”仕込み”が始まっています。

来月(3月24日)、「新作花火コレクション2012」が
大曲ファミリースキー場で開催さます。

四季を通して、「大曲の花火」を定着させるための活動です。

また、若手花火師(花火作家)の発掘も重要な目的です。

営業マンであるあなたの”今の活動”が半年後の売上になるのです。

目の前だけでなく、中長期の視点をもって日々の営業活動に取り組みましょう。

タグ

2012年2月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ

イメージ画像