ジョン・マクレーンが私立・文系・営業マンだったら

映画『ダイハード』シリーズは好きな映画のひとつです。

シリーズ一作目は期待もせず見たのですが、
そのおもしろさに興奮したことをよく覚えています。

当然、「2」、「3」、「4」とシリーズはすべて見ました。
テレビ放映を見ても飽きがこないところがスゴイところでね。

ダイハードを見るときはあまりボッーとしてられません。
どう話の展開が進むか予測しにくいので、目はくぎ付けです。

これほど興味をひく映画ですが、
「ダイハード3」の一場面だけは、こちらが引いてしまいました。

公園で3ガロンと5ガロンのボトルが置いてあって、
4ガロンちょうどの水を入れて荷重を加えると爆弾が解除できるというのです。

”どうやれば、いいか考えろ”という、我々SBEMが苦手とする問いかけでした。

この問題を時間内に解けた人はどれくらいいるのでしょう?
出来た人を尊敬してしまいます。

もしジョン・マクレーンが私立・文系・営業マンだったら、
爆発させた可能性は極めて高いでしょう。

SBEMのジョン・マクレーン

人気ブログランキングへ

タグ

2011年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ

イメージ画像